42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

妊娠中におすすめのカフェインレスコーヒー!カフェイン除去方法と有機栽培で選びましょう

 

妊娠中も安心してコーヒーが飲めたらいいのに、と思う妊婦さんは少なくないですね。

「コーヒーのカフェインが心配」と、

カフェインレスコーヒーを選ぶことは多いですが、

妊娠中のコーヒーは、カフェインの他にも心配なことがあるのをご存知でしょうか。

カフェインレスコーヒーのカフェイン除去方法や、

コーヒーに使われる農薬

コーヒーに含まれるポリフェノールなど、

特におなかの赤ちゃんのために気になることが多いです。

スポンサーリンク

 

カフェインレスコーヒーとは?

まず、カフェインレスコーヒーとは何か、ということなのですが

カフェインレスコーヒーの他にも

カフェインフリーなど、

いろいろな呼び方があるので混乱しますね。

 

カフェインを90%以上取り除いたコーヒーがカフェインレス

  • ノンカフェイン
  • カフェインフリー
  • カフェインレス
  • デカフェ

ノンカフェインカフェインフリーは、元からカフェインを含んでいない飲み物

たんぽぽコーヒーや、杜仲茶、コーン茶、ローズヒップティーなど

カフェイン0の飲み物を指します。

 

カフェインレスデカフェは、カフェインが少し含まれていて、

カフェイン含有物からカフェインが一定量除かれたものを指します。

国によって差がありますが、日本ではカフェインを90%以上取り除いたコーヒー

カフェインレス・デカフェと表記することができるのです。

 

妊娠中にカフェインを心配するときにカフェインレスやデカフェと呼ばれるコーヒーを

選びたくなるのですね。

 

カフェインレスコーヒーのカフェイン除去方法

カフェインレスコーヒーで、カフェインを90%以上取り除くには、

いくつかの方法があります。

 

ジクロロメタンを使う方法

「ジクロロメタン」という化学薬品を使ってカフェインを除去する方法がありますが、

日本では禁止されています。「味」は変化しにくいですが、化学薬品が直接豆に触れるので、

危険なのです。

 

水を使う方法

水だけを使ってカフェインを取り除く方法もありますが、

水に化学薬品を加える方法もあり、その場合、水をはさんで豆と薬品が直接触れないのでジクロロメタンを使う方法よりは、安全性が勝りますが、

やはり有機溶媒の薬品を使うのは気になってしまいますね。

味は水っぽくなりやすいです。

 

二酸化炭素を使う方法

化学薬品を使わないので、安全性が高くなります。

 

①超臨界二酸化炭素抽出法

二酸化炭素を人工的に、超臨界流体と呼ばれる「気体と液体の両方の性質を兼ね備えた状態」にして

それを使ってカフェインを抽出・除去します。

 

②液体二酸化炭素抽出法

超臨界二酸化炭素抽出法がさらに進化したもので、低温で処理できるために

香りがよくなり、安全性も高いので、優秀な方法と言われています。

この方法でカフェインを抽出・除去できる産地はまだ限られています。

 

おなかの赤ちゃんへの影響を考えると、カフェイン抽出・除去は、

薬品を使っていない、水のみの方法か、二酸化炭素使った方法がおすすめです。

でも、水より二酸化炭素を使った方法のほうが、

味と香りがよさそうですね。

 

妊娠中におすすめのカフェインレスコーヒー

妊娠中におすすめの 辻本珈琲 は、安全で無農薬で

二酸化炭素を使った抽出方法の

液体二酸化炭素抽出法カフェインレスコーヒーです。

デカフェ ホンジュラス 200g 有機コーヒー豆100%使用 カフェインレス  液体二酸化炭素抽出法 [カフェインレスコーヒー豆 マイクロロット]
大阪の小さなコーヒー工場 辻本珈琲 は、

もとは創業100年を超える日本茶のお店で

カフェインレスコーヒーにいち早く着目しました。

 

残留農薬世界第三位のコーヒー豆

スポンサーリンク

コットン、タバコ、コーヒーと言ったら、何か思い出すことがあるでしょうか。

実はこの3つの作物は、

農薬使用量の世界ワーストスリーなのです。

単位面積当たりの農薬使用量の多さで

世界第一位コットン

第二位タバコ

第三位コーヒー豆です。

飲食物としては、コーヒー豆が第一位なのですね。

コーヒー豆の7割以上が農薬漬け?!

世界で収穫されるコーヒー豆の70%以上農薬が使われていると言われています。

コーヒー豆にたくさんの農薬が使われるのは、

病害虫に弱いということもありますが、短期的に収穫を上げられるということからも

無造作に農薬が使われています。

農薬の種類もさまざまで、現地情報と文献によると

毒性の強いDDTも使用されているということですから、

ギョっとしてしまいます。

多くの先進国では新規使用禁止や製造禁止になっていても、

熱帯地方の国々では、安価で効率よく害虫駆除できることから今なお使われている現状があるのです。

DDTは、有機塩素系化合物で、

発がん性、皮膚障害、内蔵障害、ホルモン異常などの悪影響があります。

 

妊娠中は無農薬のコーヒーを選びましょう

 

しかし、世界には少数派ながらも、

無農薬・無化学肥料の自然栽培でコーヒー豆を栽培している農家さんもいらっしゃるので、

おなかの赤ちゃんのためにも、妊娠中に飲むコーヒー

無農薬・無化学肥料で、

有機栽培の厳選されたコーヒー豆のものを選びたいですね。

 

妊娠中にもおすすめ辻本珈琲の有機栽培カフェインレスコーヒーは、

中央アメリカ標高1200m以上のホンジュラス

有機コーヒー豆を使用しています。

デカフェ ホンジュラス 200g 有機コーヒー豆100%使用 カフェインレス  液体二酸化炭素抽出法 [カフェインレスコーヒー豆 マイクロロット]

有機栽培のカフェインレスコーヒーでも飲み過ぎ注意!

農薬の心配がない有機栽培のコーヒーで、

さらにカフェインレスコーヒーでも、安心して飲み放題というわけにはいきません。

コーヒーに含まれるポリフェノールが心配なのです。

ポリフェノールの摂り過ぎに注意!

カフェインレスコーヒーで、カフェインが少なくなっても、

コーヒーに含まれるポリフェノールは減りません。

ポリフェノールは通常は健康に良い成分ですが、

妊娠後期には大量摂取に気を付けなければならないのです。

妊娠中におすすめのノンカフェインのお茶として

ルイボスティーがネットでもよく紹介されていますが、

飲み過ぎには注意が必要です。

妊娠後期にルイボスティーを大量摂取すると、ルイボスティーに多く含まれる

ポリフェノールが胎児の動脈管早期収縮を引き起こし、

動脈管早期収縮が起こると、胎児心不全を発症するのです。

日本周産期新生児学会から報告されています。

コーヒーに含まれるポリフェノールは赤ワインと同じくらい多いですから気を付けてください。

詳しくはこちらからどうぞ。

 

まとめ

  • ノンカフェイン・カフェインフリーコーヒーは、元からカフェインを含んでいない飲み物を指します。。
  • カフェインレスコーヒーとデカフェは、カフェインが少し含まれていて、カフェイン含有物からカフェインが一定量除かれたものを指します。
  • 日本ではカフェインを90%以上取り除いたコーヒーをカフェインレスコーヒー・デカフェと表記することができます。
  • 妊娠中に安心して飲めるカフェインレスコーヒーのカフェイン抽出方法は、薬品を使っていない水のみの方法か、二酸化炭素を使った方法です。
  • 妊娠中には、液体二酸化炭素抽出法のカフェインレスコーヒーが一番おすすめです。
  • コーヒー豆は残留農薬世界第三位です。
  • 妊娠中は、おなかの赤ちゃんのために無農薬無化学肥料の有機栽培のコーヒーを選びましょう。
  • カフェインレスコーヒーでも、含まれるポリフェノール含有量は減りません。
  • 妊娠中はおなかの赤ちゃんのためにポリフェノールの摂り過ぎに注意しましょう。
  • コーヒーは赤ワインと同じくらいのポリフェノールが含まれるので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です