42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

妊娠中に買っておきたい授乳ケープは大判ストール型が長く使えておすすめです

2018/08/30
 

生まれてくる赤ちゃんのために、いろいろ準備しておきたいものがありますね。

産後のための購入リストに授乳ケープがあげられます。

ほんとうに必要だろうかと迷うかたも多いと思います。

今回は授乳ケープについて、体験談とともに、こういうタイプのものを購入すればよかったと思うことなど、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

授乳ケープ、どんなシーンで便利に使える?

母乳育児をすると、授乳しているところを夫以外の人には見られるのは抵抗がありました。

娘が生後4ヶ月の授乳真っ盛りの頃、エアコンが壊れたり、耐震補強工事をしないといけなかったりして、

室内にも電気屋さんや大工さんなどの業者の人の出入りが多く、プライバシーを守りきれない状況があったのですが、

娘が泣いたときはすぐに、授乳ケープで隠して母乳をあげれたのは、とても助かりました。

 

また、外出先で授乳室に入っても、カーテンのある個室が満員だったことがありましたが、

授乳ケープがあったので、カーテンがない長椅子のところでも娘を待たせることなく、しっかり隠して授乳できたのも助かりました。

 

ショッピングモールで夫と待ち合わせしていたときに、娘が泣き出したときも、エスカレーター下の少し奥に設置されたベンチで、授乳ケープで隠してコッソリ授乳できたときも、よかったーと安心しました。隣に座ったおばあちゃんが、にっこり笑っていっしょにくつろいでいました。

 

エプロン型の授乳ケープを使っていました

スポンサーリンク

授乳ケープには、

  • エプロン型
  • ポンチョ型
  • ストール型

があります。

エプロン型

https://item.rakuten.co.jp/cincshop/10001526/

 

ポンチョ型

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/授乳ケープ+ポンチョ/100533/

 

ストール型

http://www.petitbelly.com/SHOP/js.html

 

私は、大判のエプロン型のもので、ワイヤーが入っていて赤ちゃんの様子が見えやすくなっているものを使っていました。

授乳に慣れないうちは、赤ちゃんのようすが見えたほうがいいかなとこれを選んだのです。

さっと首のうしろにひもを通すだけですし、手軽です。

授乳服を着ていれば、授乳ケープの中で手探りで準備できます。

授乳は一日に何回もすることなので、すぐに慣れました。

私は、服をめくり上げるためには、ゴムを長めに輪っかにしたものを服の中で首からかけていましたが、

今はとてもかわいい授乳ストラップが売っています。これなら普段、服の上からかけていても大丈夫ですね。

https://item.rakuten.co.jp/satinmermaid/mtk-stp/

 

授乳ケープに、大判のストール型があることをあとで知りました

私自身、妊娠中に長期入院したこともあり、情報収集が不十分だったと後悔しているのですが、

授乳ケープ大判のストール型があることを知ったのは最近のことです。

これを知っていたら、授乳だけでなく、いろいろなシーンで使えたなあと思いました。

 

赤ちゃんがお布団やベビーベッドでおねんねのときにかけてあげられるし、

ベビーカーでも、ベビーカー専用のブランケットクリップで止めればかけてあげられます。

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/ブランケット+クリップ/200833/

 

妊娠中も、卒乳後も、普通のストールと同じように使えて、ママの冷房除け、日除け風除けなどに便利です。

大判なら、おんぶするときに、胸元の抱っこひもの食い込みを隠すように、赤ちゃんをおんぶしたまま羽織ることもできます。

ほんとうにいろいろなシーンで使えて、持ち運びも便利に小さく丸めてバックに入れられます。

エプロン型の授乳ケープは、ワイヤーが折れないようにちょっと気を使ってたたんでバックに入れていました。

大判ストール型は、前でスナップボタンをかけて止める手間がかかりますが、

スナップボタンをかければ、あとはエプロン型のとき同様に、授乳ケープの中で服の準備もできます。

大判ストールなら、ママの横腹が見える心配もありません。

ボタンをひとつはずせば、赤ちゃんのようすをのぞくこともできます。

 

授乳ケープの代用は?

マルチクリップなどとして販売されている授乳クリップを使えば、

バスタオルや赤ちゃんのおくるみを授乳ケープの代わりに使うこともできます。

https://item.rakuten.co.jp/mymimishop/fd/

授乳クリップは、ひもやゴムの両端にクリップがついているのですが、

これでバスタオルやおくるみなどの真ん中あたりを2ヶ所とめて首にかければ、

エプロン型の授乳ケープと同じように使えます。

 

その他にも、ママがカーディガンを羽織っているなら、カーディガンの腕を首の後ろで縛ると授乳ケープ代わりになります。

 

また、お手持ちのストールにスナップボタンをつけて、ハンドメイドのストール型の授乳ケープとして使うこともできます。

 

授乳ケープの素材は?

授乳ケープは、春夏ダブルガーゼが通気性がよいのでおすすめですが、

秋冬は、下の犬印本舗の授乳ケープのように、ウール&カシミア素材もあります。

https://item.rakuten.co.jp/mamaya/st0003r/

 

ダブルガーゼのストールも、通気性とともにある程度の保温性もありますが、

ウール&カシミアは、寒くなった秋冬にはほしくなるかもしれませんね。

 

長く使えるものを選んで、母乳育児を楽しみましょうね。

私の娘は小学生になっても、夏は、ママが妊娠中にコットン糸で編んだレース編みのおくるみをかけて寝ています。

授乳ケープを、ダブルガーゼのストール型のものを購入していたら、今なお夏休みのお昼寝タイムには使っていたかもしれないなあと思います。そうしたら、「その布にくるまっておっぱい吸っていたんだよ」と語ってあげただろうと思います。子供とっての安心グッズが増えていただろうなと想像してしまいます。

母子のきずなを大切に、すてきな母乳育児をしましょう。

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です