42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

ゴーヤの種まきで発芽しないのはなぜ?芽が出る方法と気温と水やりは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!42歳で高齢出産したママ「みわんこさん」です。 自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと手を取り合って Beautiful「美」 Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログを立ち上げました! よろしくお願いいたします!

ゴーヤの種は、発芽しにくいことで有名です。

今年は小学生の娘が学校からいただいたゴーヤの種を自宅で蒔いたのですが、

発芽したのは 17日後 でした。

 

ゴーヤと同時にアサガオフウセンカズラワタの種も蒔きましたが、

これらのゴーヤ以外の種は、早いもので3日後に発芽していますので、

 

ゴーヤの発芽にはほんとうに時間がかかることを実感したのでした。

 

このように、ふつうに土に蒔いたゴーヤの種は、なぜ発芽しにくいのでしょうか?

発芽しやすくする方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ゴーヤの種は殻が硬いから発芽しにくい!

ゴーヤの種大きくて、見るからに頑丈です!

まさに、この特徴が発芽しにくい原因です。

発芽できるのは強い種子だけ?

発芽には

  • 温度
  • 空気

という3つの条件が必要なのですが、ゴーヤは硬実(こうじつ)種子なので、

この3つの条件が揃っていても、

硬い皮を割って発芽できる種子が限られてきます。

 

発芽の段階で、「強い者だけが生き残る」という厳しい自然淘汰が働いているのですね。

発芽できた種子は、より強い生命力を持っているのです!

がんばって発芽した芽がいとしくなりますね!

種皮が硬いのは鳥に運んでもらうため?

ゴーヤはこぼれ種でも子孫を残そうとしますが、

に食べてもらって、フンとして遠くに蒔かれることでも増えていきます。

このために、種皮が胃酸で溶けないように硬くなっているとも考えられます。

つまり、ゴーヤは種が硬いことによって、

  • より強い子孫を残す
  • より遠くまで生存範囲を広げる

ということが可能になるのです。

 

発芽しやすいゴーヤの種まき方法は?

スポンサーリンク

なかなか発芽しないゴーヤの種ですが、

ひと工夫して助けてあげると、ちゃんと早く芽が出ますよ。

 

硬い種皮をカットすれば発芽しやすい!

ゴーヤの種は、硬い種皮をカットすることで発芽しやすくできます。

ゴーヤの種には尖った先がありますので、

そこを爪切りなどで少しカットします。

このとき、中の緑の部分まで切らないように注意しましょう。

切り過ぎると発芽しません!

切り過ぎを防ぐには、「やすりで擦る」という方法もあります。

 

ちなみに、ゴーヤの種の硬い種皮を、ピーナッツの殻をむくように

全部むいてしまっても、ちゃんと発芽するそうです。

 

ゴーヤの種は、種皮と、種の内部が既に分離している構造になっているので、

清潔な土で水と温度管理をしっかりすれば、

硬い種皮がなくても発芽可能なのだそうです。

 

発芽には25℃の温度が必要です

ゴーヤは南国生まれなので、種の尖った先をカットしても、

気温が低いと発芽しません。

ゴーヤの発芽温度は、25℃前後です。

時期としては、4月後半です。

 

25℃の温度が必要だからといって、直射日光に当てると発芽しにくくなります。

新聞紙を被せて暗くしてあげましょう。

 

土に蒔く前に水につけます

ゴーヤは種を水につけると発芽しやすくなります。

種は一度水分を含むと発芽スイッチが入ります。

 

小皿に脱脂綿などを敷いて、水を入れ、種を浸します。

このとき、水が多いとカビが生えたり腐ったりしてしまいます。

水分が多いと種が呼吸できません。

種が水に完全に浸ってしまう状態では、水が多すぎますので、

種の一部が水から出ているくらいがよいですね。

 

新聞紙をかけて暗くして、3~4日すると、カットした部分から白い根が出てきます。

根が出た種を土に植えます

水に浸して根が出た種を、ポットの土に植えるのですが、

白い根を下向きにして、種ひとつ分くらい、1.5㎝ほど土をかけます。

植えるときに水をしっかりあげて、あとは乾かない程度に水やりします。

25℃前後の温度と、ほどほどの水分を維持しましょう。

発芽まで直射日光に当てる必要はありません。

発芽して、本葉が2~4枚揃ったら、地面または、プランター定植します。

 

発芽しないときはどのくらい待てばいい?

今年、我が家では、

ゴーヤの種をカットすることを知らないで、

水に浸すこともしないで、そのまま土に蒔いたのですが、

発根までに12日もかかってしまいました。

 

種まきしてからあまりにも長い間、芽が出ないので、

心配になって土からそっと出して見たのです。

すると、1mmほどの白い根が出ていたのでした。

そこからさらに、芽が起き上がって地上に出るまでに5日かかりました。

発芽までに17日かかったわけです。

17日待って発芽しなければ、あきらめたほうがいいとも言えるのですが、

それでは種まきにちょうどいい時期を逃してしまうので、

ほどほどのところで苗を購入するほうが確実ですね。

 

まとめ

ゴーヤに限らず、

植物の種まき満月前苗の植え付け新月前にすると、

根が張って、丈夫に育ちますよ。

詳しくはこちらからどうぞ。

  • ゴーヤの種は、種皮がとても頑丈で硬い、硬実(こうじつ)種子なので、硬い皮を割って発芽できる種が限られてきます。発芽しにくいのは、この硬い種皮が原因です。
  • ゴーヤの種の先に尖った部分があるので、そこを爪切りなどでカットすると、発芽しやすくなります。ただし、切り過ぎると発芽しないので注意が必要です。
  • 土に蒔く前に、小皿に脱脂綿などを入れたところに水を入れて種を浸すことで、発根を確認することができます。
  • 水が多すぎるとカビが生えて腐ってしまうので、種が一部出るくらいの水加減にします。
  • ゴーヤは南国生まれなので、発芽には25℃前後の温度が必要です。低い温度では発芽しません。
  • 発芽まで直射日光を避けます。
  • 発芽して、本葉が2~4枚揃ったら、地面または、プランター定植します。

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!42歳で高齢出産したママ「みわんこさん」です。 自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと手を取り合って Beautiful「美」 Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログを立ち上げました! よろしくお願いいたします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください