42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

子供と夏休みに家庭菜園!ピーマンオクラが好きになる!ミニトマトも簡単おすすめ!

2018/08/30
 

家庭菜園野菜を作ると、野菜嫌いの子供が野菜好きになると聞いていたので、

以前からやってみたいとは思いつつ、なかなか思い切って挑戦できないでいました。

今年は小学校の「生活」の授業野菜を育てることもあり、自宅でも野菜の栽培に挑戦してみました。

 

スポンサーリンク

おうちで育てるのはピーマンとオクラに決定!

小学校では何種類か育てる野菜の候補があげられ、そのうちの好きなものを選ぶのですが、娘はミニトマトを選びました。

そこで、自宅では、小学校で選ばなかった他の野菜を育ててみることにしたのです。

ピーマンオクラを育ててみよう!ということになりました。

5月、ゴールデンウイークにホームセンターでピーマンオクラの苗を見つけました。

ひとつ70円です!安いですね!

今年は初めての挑戦ということで、大きめの素焼きの植木鉢(6号鉢)をそれぞれひとつづつ使って栽培しました。

 

ピーマンとオクラの植え付け

スポンサーリンク

帰宅してすぐ家族で植え付けです!

ピーマンの苗は見た感じも大きくてしっかりしていました。

ひとつのポットに一本の苗が生えています。

6号の素焼き植木鉢に植えました。鉢の底には鉢底の石を敷き詰めて、水はけをよくしています。

自宅にあった細粒の有機肥料も土に混ぜ込んでいます。

 

 

オクラのポット苗ひとつには、小さい苗が3本生えていました。

ピーマンの苗に比べるとずいぶん細く小さいです。

3本ともそのまま土を崩さないようにして、6号素焼き鉢に植えました。

 

2週間後、ピーマンとオクラの成長

ピーマンの苗はしっかりしていて、そのままぐんぐん育つのが想像できましたが、

オクラの苗は小さくて弱々しいように見えて、このあとどんなふうに育つのか想像がつきませんでした。

しかし、2週間もすると、どちらもしっかり大きくなってひと安心です。

途中でリング支柱(朝顔を育てるときにつるを絡ませて使うものといったほうが、わかりやすいでしょうか。)を設置して、倒れないように支えにします。

下が植え付けから2週間後ピーマンです。

 

そして、心配したオクラ2週間後の成長はこんな感じです。

小さな苗が3本のはずでしたが、いつのまにか5本の苗が生えていました!

あとから生えてきたと見えるこの2本の苗はあまり大きく育ちませんでしたが、小さいながらもひとつづつオクラができました。がんばってはえてくれて、ありがとう!

 

ピーマンとオクラの花が咲きました

 

6月になって、ピーマンオクラの花が咲きました。

ピーマン小さくて白い花です。清楚でとてもかわいいです。あまり目立たないためか、小学生の娘の記憶にあまり残らなかったようで、ピーマンの実のほうが強烈な印象のようです。

小さな花が咲いたあとに、小さなピーマンができ始めました。

 

 

オクラはピーマンより大きく、朝顔のように一日しか咲きません。

朝早く、静かに咲いて夕方にはしぼんでしまいます。とてもきれいなかわいいお花です。

 

水やり後、9時頃になると、早朝よりも開いてきます。

 

必見!かわいい野菜のお花たちいろいろ6選

野菜の花はふだんあまり注目されませんが、可愛くて素敵なお花ばかりです。

いくつかご紹介します。

こちらはミニトマトの小さな黄色い花。この夏、進研ゼミの教材で育てました。

ミニトマトはとても簡単に育つので、おすすめです。

2018年進研ゼミ小学講座2年生のミニトマトで家庭菜園!四角いトマトの育て方

進研ゼミ小学講座2年生5月号はトマト栽培セット!

 

昔、私が子供の頃、庭でいくつか野菜を育てていましたが、どの花もかわいいですよ。

 ナスの花

 ジャガイモの花

 きゅうりの花

 大根の花

 カボチャの花 カボチャの花は大きめの花です。

 

ピーマン・オクラ、収穫へ

6月のうちにピーマンの最初の収穫を迎えました。

 

このあと7月8月と、いくつか収穫できました。進研ゼミのミニトマトも同時に収穫です。

 

オクラも6月のうちに大きくなりました。

 

オクラの花と実を両方いっぺんに見れるのも、家庭菜園ならではの楽しみです。

 

オクラは種をとるところまで観察できました

育てたオクラは、お店で買ったものよりも、かたくしっかりしていて、農業のプロのかたがたのように、やわらかく食べやすいものにはならなかったので、種ができるところまでそのままにして観察しようと、娘と話し合いました。

最初のほうで食べたオクラは、輪切りにしてかつおぶしと混ぜて、しょうゆ味にして電子レンジ加熱して食べました。

輪切りにするにもかなり堅めでした。

このオクラが時間がたつと下のように変化してきました。

さらにそのままにして待つと、もっと裂けて、上から見ると黒い種が見えてきました。

 

黒い種がこぼれそうになったので、切り取ってみました。裂き目に沿って裂いてみると、黒い種がいくつかできていました。

 

 

小学生の娘は、朝顔やフウセンカズラなどのお花の種をとるのを喜ぶので、こうして野菜の種もとれるのはとてもおもしろかったようです。夏休みの絵日記にも書きました。

 

ピーマン、オクラが大好きになりました!

娘はピーマン、オクラが全然食べられなかったのではないのですが、

野菜全体をあまりたくさんは食べたがらない子で、便秘にも悩むことがあったので、

もっと野菜好きになってほしいと思っていました。

こうして自宅で育ててみて、野菜への愛情がわいたようでした。

ピーマンは包丁を使って、自分で細切りにしました。

オクラも輪切りにして、「星形だね」とうれしそう。

ピーマンはシーチキンと、オクラはかつおぶしと醬油で、それぞれ電子レンジで加熱して食べました。

後日、買い物に行くと、ピーマンの大袋とオクラをたっぷり、自分から欲しがり、すっかりピーマン・オクラ好きになっていました!

ピーマンは特に、そのにおいや微妙な苦味から、子供たちが嫌がってしまう野菜なんですよね。

図書館でこんな絵本を見つけました。子供たちにいやがられてしまうピーマンがかわいそうなんですが、ピーマンパワーであらゆるバイ菌に勝って、子供たちにピーマンが見直されるというお話です。

「グリーンマットのピーマンマン」 さくら ともこ 作

中村 景児 絵  岩崎書店

 

絵本や、家庭菜園など、いろいろな手間をかけて野菜への興味を引き出し、

子供たちにも無理なく野菜とのおつきあいを深めてほしいですね。

 

夏休み前に小学校から持ち帰ったミニトマト

1学期に育てたミニトマトは、夏休み前に自宅に植木鉢ごと持ち帰りました。

小学校にあるうちに、いくつも収穫できて、ビニール袋にコロコロと入れて持ってきていましたが、

夏休み前に連休があり、水切れになって、全員の子供たちの野菜がだいぶ枯れてしまいました。

先生も「しまったー!」と言っていたそうですが、もう実って収穫の時期になっていて、

実に栄養を吸収され尽くすと、水やりをしていても葉はだいぶ枯れてきてしまうのですよね。先生のせいで枯れたのではないですよ。

まだ青いのもあるので、もう少し待ちます。

だいぶ赤みが増したので、全部収穫します。

進研ゼミのミニトマトと合わせて。

へたのついてオレンジ色のが進研ゼミの教材トマトです。

2018年進研ゼミ小学講座2年生のミニトマトで家庭菜園!四角いトマトの育て方

 

今年の夏、家庭菜園で収穫できた数は、はっきりとは記録していないのですが、20個ほどのミニトマトがいちばん多く、ピーマン・オクラは8~10個くらいです。

食べるだけの目的だと、数は少ないのですが、植え付けの楽しみ、お花の鑑賞、種の観察など、

子供の興味を引き出せることがたくさんあり、

広い畑でなくても植木鉢ひとつずつだけで、ここまで楽しめるのはすばらしい自然の恵みですね!

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です