42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

哺乳瓶の消毒にミルトンは安全?

 

妊娠中期から後期に入ると、出産準備リストを見ていろいろ購入されますね。

その中でも迷うのが、哺乳瓶消毒の方法です。

ケースに入れて電子レンジでできるものもありますが、電子レンジから出してすぐは熱くて使えない、やけどが心配だど、便利さの中に不便さもあるようです。

そこで挙げられるのがミルトンですが、成分がキッチンハイターと同じ次亜塩素酸ナトリウムだということで、

危険ではないか、と心配されるママの声をよく聞きます。

キッチンハイターとミルトンの違いはなんでしょうか。

ほんとうに危険性が強いのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ミルトンとキッチンハイターの違いは?

 

ミルトン医薬品ですが、キッチンハイター雑貨品です。この違いをもう少し詳しくお話します。

 

ミルトンは医薬品

医薬品は純度、添加物が厳しく設定されています。ミルトンの添加物はpH調整剤だけです。

洗剤分は入っていません。

次亜塩素酸ナトリウム濃度は1.1%です。

80倍希釈液で使用し、すすぎの必要はありません。このミルトン希釈液に含まれる塩素の量は、水道水中の塩素量とほとんど同じです。

キッチンハイターは雑貨品

雑貨品は、品質、添加物ともに適当です。

漂白を目的としており、浸透を助けるための洗剤成分も入っています。

次亜塩素酸ナトリウム濃度も6%(製造時)と高いです。

消毒したあとは、必ず一度水洗いすることが必要です。

ミルトンの次亜塩素酸ナトリウムについて

スポンサーリンク

ミルトン使用後、すすがないでいいということは、

次亜塩素酸ナトリウムを赤ちゃんがミルクと一緒に飲んでしまっているということでしょうか。

いいえ、違います。

ミルトンの次亜塩素酸ナトリウム濃度はとても低いですし、

次亜塩素酸ナトリウムはミルクのタンパク質などの有機物と反応してすぐに分解されてしまいます。

ごくごく微量の食塩と水に分解してしまうのです。自然の母乳に含まれる塩分濃度程度です。

このように、次亜塩素酸ナトリウムの大部分が分解して、その分解物はごく微量ということですから、次亜塩素酸ナトリウムが残留していたとしても、残留量は非常にとても低いことが想像できますね。

 

ミルトンは危険でベビースイミングは安全なの?

妊娠中のマタニティースイミングから、出産後もベビースイミングを親子で楽しむ人もいますね。

でも、プールの水には水道水よりミルトンより濃い濃度の次亜塩素酸ナトリウムが含まれていて、

週に何回もスイミングを楽しんでいる人は、ミルトンより濃い次亜塩素酸ナトリウムが何回も口に入っているのです。

スイミングは心配しないでミルトンだけを極端に心配するのはなぜでしょう。

 

ミルトンが開発された背景には、病院での新生児下痢症の集団発生がありました

1943年、イギリスの病院で、哺乳瓶・乳首の洗浄不十分が原因で、新生児下痢症が集団発生しました。

ミルクのタンパク質汚れは落ちにくいので、ミルクかすが膜になって残り、そこに細菌が繫殖して集団感染に至ったのです。

ミルトン・カンパニー研究所は、病院・産院・保健婦等の協力をもとに、衛生上の細菌学的調査を大規模に行いました。その結果、わかったのは、哺乳瓶は一度煮沸すれば安全とは言えないことでした。

哺乳瓶は使ったあと、ていねいに洗浄しないと、ミルクかすの膜ができて、煮沸により固まって落ちなくなり、細菌の繫殖場所になってしまうのです。

一日に何回も授乳し、それが長期間続くうちに、ミルクかすの膜が厚くなり、哺乳瓶はくもってきます。

この問題解決のために、イギリスの医療関係者が、加熱なしで哺乳瓶・乳首を消毒できる方法として「ミルトン」を開発し、成功させたのでした。

新生児を細菌感染から守ろうという、医療関係者の熱い思いがミルトンにはあったのです。

6~9月は食中毒のほうがこわい

何を一番こわがらなければいけないかを、よく考えてみる必要があります。

食塩に分解されてしまうミルトンをこわがるのか、

弱い赤ちゃんが食中毒になるのをこわがるのか。

私は食中毒のほうがこわいです。

私は産後一か月は特に、体力消耗が激しくて体重もどんどん減りました。切迫早産入院を2か月したあと自然分娩で産みましたが、足はむくみでゾウの足のようになり、会陰切開のあとの回復も時間がかかっていたのです。

その中でも昼夜問わず授乳しなければならないのはほんとうにたいへんでしたので、

哺乳瓶の消毒は迷わずミルトンを使っていました。ミルトンが危険とうわさされているのは知らなかったのです。

しかし、やはりミルトンを使ってよかったと思ったのは、哺乳瓶のミルクかすによる曇りを体験していたからです。

体力ない中で疲れ果て、哺乳瓶を使用後、ベビー用洗浄で何度かブラシでよくこすって洗うところ、こすらずにベビー用洗剤でざっと洗って流すだけにしてからミルトンにつけたことが数回あったのですが、哺乳瓶が曇ってきたのです。

ブラシでよくこすって洗ってからミルトンにつけないと、ミルトンでも落ちきれないんだなと、

いい加減に洗浄して煮沸してしまったら、まともにミルクの膜がしっかりついて落ちなくなるなと。

ミルクの膜が厚くなれば、それが細菌感染の原因になるのですから、だらしない洗い方はできないなと思いました。

 

ミルトン開発の医療関係者の思いを知ると、危ないといううわさを鵜吞みにしないで、

その成分についてよく知り、

ミルトン開発者とともに赤ちゃんを細菌感染から守りたいと思うのですが、いかがでしょうか。

 

冒頭でお話しましたように、哺乳瓶消毒には、ケースに入れて電子レンジで行うタイプのものもあります。

その場合も、電子レンジで加熱前する前に、ベビー用洗剤でブラシを使ってよく洗浄し、ミルクのタンパク質汚れを落とすことが大事です。

 

通常の食器洗剤は、油汚れを落とすことに力を入れていますから、タンパク質汚れを落とすには、タンパク質汚れに強いベビー用の洗剤で洗わないと落ちにくいのです。

 

 

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です