42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

高齢出産の産後増えた白髪が気になる?対策は?

 

産後、白髪を気にしているママがたくさんいます。

若いママでも産後、白髪がが出てきた人もいますが、

30代後半で出産したママは白髪が多い人がかなりいます。

私は42歳でひとり娘を産みましたが、白髪が出てきて気になっています。

スポンサーリンク

 

鶏肉を食べて「血」を増やしましょう!

 

娘が小学一年生のとき、私は49歳になっていました。

私より4歳若い45歳のママ友が2人いて、白髪は私より多いのです。

息子さん3人産んだママは、ひとり産んだママよりさらに白髪がひどくなっていて、気にされているようでした。

娘さんひとり産んだママも、子宮筋腫の持病があり、貧血気味でした。

 

そこで私は、近所でお世話になっている漢方薬局の先生から聞いた話を伝えました。

「髪は血の余りでできるから、血が不足すると白髪が出てくるんだって」と。

「えーっ?そうなのお~?!」と驚くママ。

 

出産でも、産後の母乳育児でも、毎月の生理でも、女性は貧血になりやすいですからね・・・たいへんです。

鶏レバーは鉄分豊富で食べなければいけないんですが、レバーが苦手という人も多いんですよね。

 

レバーの他に「血」を増やす食材のひとつが「骨付き鶏肉」です。

手羽先でも手羽元でもいいです。骨付きであることが大事なのです。

スーパーでふつうに売っているものでいいですが、ちょっとがんばって地鶏を選ぶと栄養が増します。

 

女は肉食にならないといけないんですね。

そして、牛でもなく、豚でもなく、なんです!

参鶏湯(サムゲタン)ってあるでしょう、あれは造血のために最適なんだって!」

とママ友に言ってみると、

「えっ?参鶏湯でいいの?参鶏湯大好きだよ!食べるわぁ~!」

とすごく喜んでくれました。

私は病院の血液検査では貧血とは出ていなかったので、

漢方薬局の先生にそう言ったところ、

病院の血液検査というのは、血中成分の割合を示しているので、

血全体の量を示してのいるのではないとのこと。

東洋医学でいう血の不足とは、体内の血液の総量ということでした。

体の血を増やすことが、髪だけでなく、睡眠の質にも影響するし、あらゆる影響を与えるのだそうです。

ほうれん草より鶏肉がGood!

スポンサーリンク

 

鉄分補給のためには、ほうれん草もおすすめと、妊娠中、保健所の母親学級で言われましたが、

そのほうれん草の鉄分が、年々減少しているそうなんです。

 

ほうれん草100gに含まれる鉄分

1951年・・・13.0㎎

1982年・・・3.7㎎

2000年・・・2.0㎎

(文部科学省「日本食品標準成分表」による)

では、鶏肉にはどのくらい鉄分があるのでしょうか。

鶏もも肉100g当たり鉄分は、2.0㎎ です。

 

あれ~?ほうれん草100g当たりの鉄分も、2.0㎎ ですね。

 

でも、肉に含まれる鉄分は、ヘム鉄。

野菜に含まれる鉄分は、非ヘム鉄 なんです。

 

ヘム鉄は、吸収率が 25%

非ヘム鉄は、わずか 5% なんです。

 

肉の鉄分は、野菜の鉄分の5倍も吸収されます。

 

ちなみに鶏レバー100gの鉄分は、9㎎ もあります。

もはや貧血対策にほうれん草は期待できないのですね。

 

我が家は週に一度、手羽元のトマトスープを食べます

漢方の薬膳で、鶏肉は

  • 気血を補う
  • 体を温める
  • 胃腸を助ける
  • 婦人病と産後に良い

と言われています。

本来の参鶏湯は、酢は入れないそうなんですが、

少量の酢を入れると、骨のカルシウムが溶け出して吸収がよくなるそうです。

 

実際に韓国には「酢鶏湯(チョゲタン)」という料理があるそうです。

「サムゲタン」は、「高麗人(こうらいにんじん)を入れるので、「鶏湯」と書きますが、

「チョゲタン」は、「」を入れるので、「鶏湯」と書きます。

参鶏湯は温かいスープですが、酢鶏湯は冷たいスープで、高麗時代から平壌で食べられていた料理だそうですよ。

 

カルシウムの吸収をよくするには、カルシウムと同時に酢を摂ると吸収がよくなることを、

薬剤師さんから聞いたことがあります。

酢そのものでなくても、レモンなどのクエン酸でも同じ効果があるそうです。

トマトにもクエン酸が含まれています。

我が家は娘がトマトスープにするとものすごく喜ぶので、週に一度は鶏手羽元肉のトマトスープを作ります。

 

ごく少数のカレー粉を入れると、辛すぎず、コクが出ておいしくなります。

 

娘が幼稚園に入って気持ちにゆとりが出た頃から、毎週この鶏肉のトマトスープを作っています。

手羽元をコンソメスープとトマト缶と、玉ねぎ、にんじん、きのこ、水煮大豆などといっしょにコトコト煮るだけです。

 

しかし、最近、缶詰の内側のビスフェノールA(BPA)が体に有害と聞き、トマト缶より瓶詰めのトマトピューレパック入りのものを使おうかと思っているところです。

缶詰の内側の金属の腐敗を防ぐためのコーティング剤からビスフェノールAが溶出されるというのです。

トマトは酸が強いから、よけいに心配されているのです。

 

パパの貧血も改善できた手羽元トマトスープ

我が家のパパは、病院の血液検査で貧血という数値がでていまして、

お医者さんは、体質だろうね、と言っていました。

でも、この手羽元トマトスープを毎週食べだしてから、

貧血の数値が改善されて、基準値内に入ることができました。

このスープは家族みんなに良い影響を与えてくれました。

 

 

私の白髪はあまり増えません。もっとどんどん白髪が増えていってしまうのかと心配していましたが、

あまり増えていないのです。

50歳の今、私より若いママでもっと白髪がたくさんある人がけっこういます。

みんなに鶏肉の良さを伝えたいなあと思っています。

白髪対策には、黒い食品(ごま、黒豆、きくらげなど)も効果的だそうです。

我が家の朝の味噌汁には、必ずごまをすってかけているんですよ。

食事に工夫して元気でいましょうね!

 

 

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です