42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

子供の水着は身長で決める?幼稚園のプールでの水着選びのコツ

2018/05/23
 

幼稚園のプール、女の子はデザイン・サイズなど水着選びがむずかしいですね。

娘の幼稚園での体験とともに、水着選びのコツをご紹介いたします。

スポンサーリンク

ワンピースデザインの水着がおすすめです

ビキニタイプは幼稚園でなくしてしまう可能性もありますので、ワンピースデザインがおすすめです。

娘が卒園した幼稚園ではビキニタイプはやめてくださいと言われていましたので、

ワンピースデザインの水着を買いました。ワンピースデザインの水着のほうがビキニタイプより保温性もあります。

幼稚園の年少・年中組のときに着たのがこの水着です。肩ひもはフリルがついていますが、ひもとしては細いです。

年長組で着たのはこれで、肩ひもの幅が広いのでずり落ちにくくてよかったです。胸のリボンがお気に入りでした。

身長をもとにサイズを選びましょう

普段着る洋服は常に大きめを買うことが多いのですが、水着のサイズはどうでしょうか。

ワンピースデザインの水着は、子供の身長をもとに選ぶのがコツです。

体重が標準以上なら、実際の身長より5㎝上のサイズを選んでも、サイズ感的には問題なさそうです。少し大きい場合は、肩紐を詰めてサイズ調節すると良いでしょう。

お子さんが少し細めの体格なら、5㎝上のサイズを選ぶとガバガバした感じになってしまうことが多いので、むしろ5㎝下のサイズを選んだほうが綺麗に着用できます。

ストレッチが効いたものを選びましょう

水に入るとピッタリサイズの水着でも水の重みで緩むので、サイズに余裕があり過ぎるのはNGです。伸縮性の良いと着心地がよいです。

水に入る前に少しキツイと感じても、水に入るとちょうどいいことがあります。

ただし、水に入れば緩くなるだろうと小さめの水着を着せるとほんとうにきつくて肩紐が食い込んで痛いことがあるので、ほどよくフィットしたものを着せたいものですね。

スポンサーリンク

バスタオルはボタンつきを使いました

幼稚園ではプールから出てお部屋に戻るまで、廊下はバスタオルを体にかけて移動しました。

水着売り場にボタンつきのバスタオルがいっしょにたくさん並んでいることが多いと思います。

ボタンつきなら体にかけたとき、一番上のボタンだけ留めればずり落ちないので便利でした。

長い髪の女の子はタオル地のキャップを使いました

幼稚園で必ずとは言われませんでしたが、長い髪の女の子は髪の水分をとるタオルのキャップを持ってきていいことになっていました。

帽子は目立つ黄色がおすすめ

プールに入るときは帽子は必需品です。髪の毛をぜんぶ帽子にいれなければなりません。

幼稚園に帽子・バスタオルを持っていくのを忘れると、その日はプールに入れません。

娘の幼稚園では、水泳の帽子は幼稚園から貸し出されたものに名前を書いた白い布を簡単に縫い留めて使いました。

購入する場合は、安全面で考えるとほんとうは目立つ黄色がいいですね。

それから、ゴーグルですが、小学校では使いますが、幼稚園では使いませんでした。

まとめ

  • ワンピースデザインの水着がおすすめです。
  • 身長をもとに、大きすぎないものを。
  • 伸縮性のあるものが着心地いいです。
  • バスタオルはボタンつきが便利。
  • 長い髪の子はタオル地のキャップがあるといいでしょう。
  • 帽子はできれば黄色が安全。
  • ゴーグルは幼稚園の方針によります。

 

 

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です