42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

UVレジンで子供と夏休みの工作!パンドラハウスでキューブネックレス作りました

2018/10/11
 

8月18日の土曜日に、イオンの手芸店パンドラハウスで、

初めてUVレジンキューブネックレスを小学生の娘といっしょに作りました。

夏休みの工作と思い出作りにとてもかわいいアクセサリーができて、娘は大喜びです。

お店で材料を買って、おうちで作ろうかと思っていたのですが、

パンドラハウスのスタッフさんがとても親切なかたで、

お店の講習会用のテーブルがあいていたので、講習会のスケジュール外の時間でしたが、

親子で作り方の詳しいアドバイスを受けながら作ることができて、

初めてでも失敗なく完成し、ほんとうに助かりました。

 

スポンサーリンク

UVレジンとは?

店頭講習会はとても便利!

UVレジンのハンドメイドは何年もブームが続いており、

UVレジンのアクセサリー作りのかわいい材料がお店に並んでいるのをいつも眺めていて興味があったのですが、

なかなか初めてのものに取り組むタイミングがなくて、いつかやりたいと思っていました。

今回、娘のためにと思い立って、親子で挑戦してみたのです。

いつかやってみたいという方がけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

まずはパンドラハウス手芸センタートーカイなど、手芸店の店頭講習会で体験してみると、意外に簡単にできるものだなあと感じると思いますよ。

パンドラハウスの手作り講習会の案内はこちらから

UVレジンとトーカイのお店検索などはこちらから

 

UVレジンってなあに?

スポンサーリンク

UVレジンとは、紫外線硬化樹脂のことで、UVレジン液とは、紫外線に反応して硬化する液体のことです。

型に好きなパーツやコラージュペーパーを入れて、UVレジン液を流しこみ、

太陽光またはUVライト(紫外線照射器)を使って固めます。

UVライトを使えば早く固まり、便利です。

今回、パンドラハウスでは作り方を店頭で教えていただいたのですが、キューブネックレスに使用する少量のUVレジン液とUVライトは、お店のものを使わせてくださったので、買わずに済みました。材料費800円で済みました。

UVレジン液はサイズが小さなものでも千円以上しますし、UVライトも2千円以上するので、

初めてでまだやり方がわからないときに、パンドラハウス店頭で作らせていただけるのはとてもありがたいことです。やり方がわかるともっと作りたくなって、液もライトも買いたくなりますね。

 

パンドラハウス、UVレジンキューブネックレス作り体験談

材料選びから始めます

パンドラハウスのキューブネックレス作りでは、材料をバイキング形式で選んで、ミニトレーに入れてレジに持っていきます。

 まずキューブを、1つとります。

 キューブの ふた になる リボン か くるま のパーツを選びます。男の子ならきっとくるまを選ぶのでしょうね。

© チェーンを選びます。短いチェーンを選べば、キーホルダーになります。ランドセルにつけていくこともできますね。うちの娘はペンダントにしたいので、長いチェーンを選びました。

 蓄光パウダーを選びます。青、白、紫など好きな色のものを選びます。

 パーツを選びます。パールや貝、お花、絵入りの透明フィルム、金色の細かい粒、などいろいろあります。

 

作業開始です

お会計が終わったら、テーブルで作業開始です。

写真は、材料をテーブルに広げたところ。使う順番を確かめます。

最初にキューブの一番下に入れるのは蓄光パウダーです。蓄光パウダーをシリコン製のミニカップでレジン液に混ぜて溶きます。

絵入りの透明フィルムを、キューブの中で、対角線上の位置にはまるようにカットし、入れます。

キューブを拡大すると、下のようになります。

 

蓄光パウダーを溶いたレジン液を底に流しこみ、キューブ側面には内側にお花をレジン液で貼り付けます。

ここで一度固めるのですが、レジン液の空気の粒を消すために、ドライヤーの温風を当てます。ドライヤーのあとで、UVランプを使用して固めます。

 

このあと、レジン液と金色の小さい粒々のパーツもミニカップで溶き、蓄光パウダーの上に重ねて入れます。

貝やパールのパーツも入れます。

ここまでで、キューブの7分目くらいまでになります。

(作業がたいへんでこのあたりから写真が撮影できなくなりました!)

 

ドライヤーをあて、UVランプで固めます。

 

最後に、キューブすりきりまでレジン液を入れて、ふたとなるリボンのパーツを乗せます。

このときレジン液を、ほんとうにキューブのすりきりギリギリまで入れないと、すき間ができてリボンパーツがうまくくっつかないし、

溢れてキューブ外側に垂れてしまうと、仕上がりがきれいになりません。

注意深くやらないといけないのがたいへんです。

 

出来上がりました!

ドライヤーを当て、UVランプで固めて完成です!

向きを変えたところ。

完成までに1時間くらいかかりました。

UVランプ照射の時間はそれぞれ2、3分程度で、それほど時間はかからないのですが、

キューブ内にどのパーツをどのように配置するか迷ったりしているうちに、時間がたってしまいました。

 

おうちでチェーンとりつけ

帰宅後、リボンの中央の金具に、まるカンとチェーンを取り付けてペンダントにしました。

まるカンとチェーンの取り付け方ですが、私はビーズアクセサリーをよく作るので、まるカンを扱いやすいペンチをもっているのですが、初めてのかたはお店のスタッフさんに聞けば、わかりやすく教えてくださると思いますよ。

UVレジンのアクセサリーは、手軽にとてもすてきな作品が作れます。

セールのときにはUVレジンセットとして、UVランプも割引価格になるそうなので、

時期を見て購入し、もっといろいろ作ってみたいです。

キューブ状のものより、もっと薄い平らなアクセサリーのほうが簡単にできるそうですよ。

 

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です