42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

高齢出産妊娠中!出産が増える新月とデトックス方法

2019/04/13
 

満月の夜、まあるく輝く月にパワーがあるのは、見た目にも簡単に想像できます。

それでは夜空に月がない新月にはパワーはないのでしょうか?

いいえ、新月の夜は満月の夜よりも大きな力が地球にかかっているのです!

 

スポンサーリンク

下記クリックで好きな項目へ移動

新月も出産が増える!

新月も満月も出産の備えを!

以前、満月の夜に出産が増えるお話をいたしました。

満月には出産が多い?潮の満ち引き月の満ち欠けと女性の関係

満月だけでなく新月の夜も出産が増えますので、

臨月のプレママは念のため出産の備えをしておきましょうね。

満月月の引力

新月地球の自転による遠心力のために

海水が引っ張られて海では大潮が起こり、

妊娠中は海水に近い組成成分でできている羊水も影響を受けて出産が増えます。

 

妊婦さんは大きな海を持っている?!

 

人間の体の80%は水分で、

この血液や細胞外液などの体内水分は、海水と同じような成分でできています。

人間の体内にがあるのです!

そして、羊水はさらに海水に近い組成成分でできているので、

妊娠中はさらに大きなが体内にあるのですね!

 

まだ臨月になっていないプレママは、新月の日には穏やかなデトックス方法を行って

ゆったりと体調を整えましょう。

まず、新月になぜデトックスなのか、

新月パワーの秘密を解き明かしていきましょうね。

 

新月のパワーとは?

新月には月はどこにあるの?

スポンサーリンク

新月では月は地球の裏側にあります。

そして、月のさらに向こうに太陽があります。

 

地球    太陽

の順番で、月と太陽が同じ側にあって、一直線上に並びます。

 

新月は太陽とともに空に昇り、昼間もずっと太陽のそばに

寄り添っていて、日没には太陽とともに沈みます。

昼も太陽に寄り添う新月は、昼間は太陽がまぶしすぎて見えません。

 

満月は、月と太陽が地球を挟んで、一直線上になるのです。

  地球  太陽

満月は太陽と反対側にあるので、昼間は地球の裏側にいってしまって

見えません。

 

地球に加わる引力!満月より新月の夜のほうが強い!

 

新月では月と太陽の両方の引力が地球に加わります。

地球    太陽

 

月と太陽に挟まれる満月では、新月のときよりも

地球に加わる引力は弱くなります。

  地球  太陽

 

空に月が見えない新月の夜は、月は地球の裏側にいて、

大地 から働きかけてくるのです。

 

大地から働く新月のパワー

樹木に見られる引き締め効果

大地から働く新月のパワーが

地球上の生物にどのような影響を及ぼすでしょうか。

樹木を見るとわかりやすいですよ。

 

「新月の木」という言い伝えが昔からあります。

下弦の月から新月に至る1週間ほどの間に伐った木や竹は長持ちするのです。

日本だけでなく、世界各国で

新月の頃に伐採した木や竹は、ほどよく引き締まっていて

反らない、腐らない、虫がつかない、火が燃えつかない、

何百年も使える、などの言い伝えがあり、

植物や木も月のリズムに影響されることを

昔の人はよく知っていたのです。

 

法隆寺もストラディバリウスも新月の木でできている!

月と太陽の引力が大地から働く新月は

樹液の流れが下降して根部に集中し、

幹や枝の部分の樹液が少なく、

いつもより求心力が増して引き締まり

その過程でいらないものを捨てていくので、良質な木材がとれるのですが、

このほどよく引き締まった新月の木を使って

世界最古の木造建築「法隆寺」

ヴァイオリンの名器「ストラディバリウス」ができているのです!

樹木だけじゃない!人も引き締めデトックスのピーク!

新月の木は、下弦の月から新月の間に伐採するのですが、

このように満月を過ぎて月が欠けていく時期は、

引き締め効果・排出効果・デトックスの力が増していきます。

そして、新月の夜にデトックス効果はピークに達します。

 

体だけではない!気持ちもリセットして心機一転!

ですから、人間も満月のあとの月が欠け始める時期から

ダイエットをスタートするととても効果的です。

 

新月の夜は精神的にも不要なものを取り除く時期で、

自分の許容範囲を一度リセットする時期にもなります。

すると、気持ちが整理されて新しい目標ができたり、

環境を変えたり、何かを決断する気持ちになったりします。

新月の時期は、「今までのリセット」と「新しいスタート」という区切りの地点になるのです。

最近、私はまだ弾いたことがなかったピアノ曲

ドビュッシーの「月の光」と新しい讃美歌の練習を始めようと

強く決心したのですが、

あとからカレンダーを見るとちょうど

新月の日でした!

樹木だけでなく、人も特に意識しなくても

心身ともに月の引力に影響されて生きているのですね。

 

新月に妊婦さんにもできるデトックス方法は?

デトックスとは・・・?

さて、下弦の月から新月にかけての約1週間にやりたいデトックスですが、

あらためてデトックスの意味をみてみると、

detoxification「解毒」という単語の短縮形になります。

デトックスとは、体の中から老廃物を取り除くことなのです。

運動で汗として老廃物を出すデトックス、

デトックススープやお茶などで排出するデトックス、

あとはマッサージ、ストレッチ、ヨガなど・・・

体内の老廃物や毒素の7割は便

体内のいちばんわかりやすい老廃物は便ですね。

便秘=毒素が溜まった状態 です。

体内の老廃物や毒素7割便なので、

便として排出することが、デトックスには一番効果があります。

毒素をよく排出する便は、食物繊維を含んだ便なので、

これからご紹介するデトックススープで使う野菜などの

デトックス効果のある食材を食べることと、

適度な運動をすることで、腸内環境が整い、

腸がうまく機能して便秘が改善されます。

おすすめはデトックススープ

デトックススープが最近いろいろと流行っています。

有名なのは次の野菜の組み合わせです。

  • ホールトマト缶 1個
  • たまねぎ 1個
  • キャベツ 1/8個
  • セロリ 1/2本
  • ピーマン 1個
  • ニンジン 1/2本
  • 水 600ml
  • コンソメ2個

お好みの大きさ(一口大でも小さいさいの目切りでもお好みで)に

切った野菜を鍋に入れて、コンソメと水を入れて火にかけます。

(トマトは酸が強いので、鍋はホウロウの鍋を使うことをおすすめします。)

野菜や水の量はお好みで増減してください。

コトコト煮込んで野菜に火が通ったらできあがりです。

下弦の月から新月にかけての1週間、一日に1回はこのデトックススープを食事に

取り入れましょう。

カレー粉を加えたり、大豆水煮や鶏ささみを入れてアレンジできます。

あたたかい食べ物を食べることで、体の冷えを防ぎ

血行促進して代謝アップし、胃腸の動きも活発になり、

便秘が解消されます。

便秘解消して腸内環境が良くなると、免疫力もアップしますよ。

 

デトックススープに使われる野菜の働きは?

脂肪燃焼作用とアンチエイジング効果のあるトマト

トマトには脂肪燃焼作用があります。

トマトに含まれる物資は、肝臓でたんぱく質が脂肪を燃やすのを助けるので、

トマトを食べると効率よく脂肪を燃やせるのです。

さらにまた、トマトには活性酸素を除去するリコピンが

含まれているので、抗酸化作用があり、

アンチエイジング効果も期待できるのです。

缶詰め・ピューレにしても栄養は変わりません。

 

ただし、妊娠中はトマト缶よりも

瓶詰めのトマトピューレや紙パック入りカットトマトのほうが

安心かもしれません。

缶詰の内側の金属腐敗を防ぐためのコーティング剤から

ビスフェノールA(BPA)が溶出されるという話を聞いたことがあるのです。

トマトは酸が強いから、心配になりまして、

わが家ではもっぱら紙パック入りのカットトマトを使っています。

 

解毒が強い野菜の№1!たまねぎ

たまねぎにはケルセチン、硫化アリル、アリシンなど

体によい成分が豊富に含まれています。

たまねぎは、血液をサラサラにし、血流を促進させ、体脂肪を燃焼させます。

血管も丈夫にしてくれます。

毒素の吸収を抑え、体内の有害物質と結びついて体外に排出します。

脂肪の吸収も抑え、内臓脂肪の燃焼を助けて排出します。

代謝アップにより血糖値を下げ、脂肪を溜め込みにくい体にします。

加熱によって効果が減ることはありません。

カリウムが含まれるので、余分な水分・塩分を排出して

むくみをとります。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方を含み、さらにオリゴ糖も含まれるので、

腸内環境を改善します。

 

毒素を無毒化するアブラナ科のキャベツ

キャベツはアブラナ科の野菜です。

アブラナ科の野菜に含まれるグルコシノレートという成分が

解毒作用のある酵素の働きを高めて毒素を無毒化してくれます。

 

むくみ解消にセロリ

セロリに含まれるカリウムは、きゅうりやスイカに含まれるカリウムの

倍以上です。

セロリの葉には、血行を促進させる香りの成分ピラジンがあります。

カリウムとピラジンで、余分な塩分を排出し

血の巡りをよくしてむくみを解消します。

 

ピーマンにも血液サラサラ効果があります!

セロリの香り成分ピラジンが、ピーマンにもあります。

ピラジンは血液をサラサラにして、血栓や血液凝固を防ぎ、

血行を促進させるのです。

脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果があります。

 

毒素排出!便秘解消にニンジン

ニンジンにはペクチンという水溶性食物繊維が多く含まれていて、

この水溶性食物繊維は有害物質の排出を促します。

 

不溶性食物繊維排便を促し

水溶性食物繊維有害物質の排出を促すのです。

両方の食物繊維をバランスよく摂ることが必要です。

 

軽めで継続できる運動をするデトックス方法

体の巡りをよくするために、ウォーキングマタニティーヨガもおすすめです。

妊娠中のウォーキングはいつからどこをどのくらい歩く?その効果は?夏も歩くの?

汗びっしょりになって無理にたくさん運動するよりも、

軽くて継続できる運動がよいです。

踏み台昇降運動もおすすめです。

妊娠中にダイエット成功・安産を導く体操は?踏み台昇降運動がおすすめです

運動すると新陳代謝がよくなり、全身の血行が促進されると同時に

水分やリンパの流れもスムーズになります。

老廃物がリンパを通って流れると、体内の余分な水分の滞りが解消し、

むくみが改善されます。

体の冷えを防いで血行促進すれば、便秘も解消します。

血行がよいと代謝アップして胃腸も活発に動いて便秘解消できるのです。

 

妊娠中は避けたいデトックス方法

岩盤浴は避けましょう

岩盤浴は大量の汗をかきます。

大量の汗をかいてデトックスするのが目的なのですが、

妊娠中は常に水分が不足しやすいのです。

おなかの赤ちゃんに送る血液量を増やさなければならないし、

羊水にも水分を使用しています。母体は常に

水分をためようためようとしているのです。

妊娠中は大量の汗をかくのは避けなければなりません。

 

妊娠中はのぼせやすいし、貧血立ちくらみを起こしやすいので、

岩盤浴では転倒の危険性があります。

妊娠中は自律神経が乱れやすいので、熱に適応しきれません。

気分が悪くなったり、疲労困憊してしまうこともでてきます。

 

おなかの赤ちゃんは汗をかいて体温調節できないので、

のぼせてしまい、神経発達を阻害してしまいます。

岩盤浴だけでなく、長時間の半身浴、

使い捨てカイロをおなかに直接貼るなども控えましょう。

 

デトックス効果の強いルイボスティーの大量摂取は危険

 

ノンカフェインで妊娠中に安心して飲めるお茶として有名な

ルイボスティーですが、

ルイボスティーに多く含まれるポリフェノールは、

妊娠28週以降に大量摂取すると胎児心不全を発症すると、

日本周産期新生児学会から報告されています。

 

ポリフェノールの他にも、ピロリジジンアルカロイドという成分についても

世界保健機関から勧告が出ていて、肝毒性が非常に強いとのこと。

世界中でピロリジジンアルカロイドによる健康被害も確認されています。

 

ルイボスティーを安心して飲めるのは、妊娠初期までと言えます。

ルイボスティーの他にもノンカフェインで妊娠中も人気のお茶がありますが、

いずれも極端な大量摂取は避けましょう。

ひとつのものを大量摂取するのではなく、

いろいろなお茶をほどよく飲むのが安心です。

 

私は妊娠中からタンポポ茶を飲んでいました

母乳がよく出るようになるとのことで、

産後、タンポポ茶を飲もうとしていたのですが、

妊娠中から飲むと母乳が出やすくなると聞いて、

妊娠中からタンポポ茶を愛用していました。

 

出産2か月前から切迫早産入院もしましたが、

その2か月の入院中も、毎日タンポポ茶を飲んでいました。

 

産後もそのまま継続して飲み続け、

娘はよほどおっぱいがおいしいのか、3か月を過ぎると

粉ミルクを泣いて怒って拒否し、

母乳だけをほしがるので、粉ミルク混合から

完全母乳になってしまいました。

 

おっぱい大好きの娘、卒乳は3歳半でした。

タンポポ茶の味の母乳がおいしかったのかしら・・・

 

授乳中、タンポポ茶にはほんとうに助けられました。

ティーライフのタンポポコーヒーぽぽたん(タンポポ茶)を愛用していました。

香ばしくて、タンポポが咲く土の上に座っているような安心感がありました。

タンポポ茶はむくみや便秘解消にもなるデトックス茶です。

ノンカフェイン たんぽぽコーヒー ぽぽたん カップ用30個入 カフェインレス コーヒー たんぽぽ茶 デカフェ 珈琲 お茶 ティーバッグ 母乳育児を応援 タンポポコーヒー ティーライフ たんぽぽ珈琲 たんぽぽ 健康茶 ティーライフ

 

大地から働く新月のパワーと

下弦の月から新月にかけて行いたいデトックス方法についてお話しました。

妊娠中は極端なデトックス方法はできませんが、

デトックススープとウォーキング・踏み台昇降運動などの

軽い運動はおすすめです。

月と太陽、海と大地、ダイナミックな自然界の恩恵を受けて

元気な赤ちゃんを産みましょうね!

満月には出産が多い?潮の満ち引き月の満ち欠けと女性の関係

妊娠中のウォーキングはいつからどこをどのくらい歩く?その効果は?夏も歩くの?

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です