42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

高齢出産では頭のいい子に産んであげたい!脳が育つおすすめ食材とは?

2018/10/12
 

高齢出産のママは妊娠中の栄養もしっかりと摂って、

落ち着いた頭のいい子に産んであげたいですね。

脳が十分発達して産まれた赤ちゃんは、

夜泣きも少ないといいます。

高齢育児は、体力的にも若いときより負担がかかりますので、

夜泣きが少なくて落ち着いた赤ちゃんだと

ママはとても助かります。

 

スポンサーリンク

胎児の脳を発達させる物質とは?

胎児の脳の発達に大きな役割を果たす物質は2つあります。

オメガ3系脂肪酸

  • ALA・・・αーリノレン酸 [くるみに多く含まれる]
  • EPA・・・エイコサペンタエン酸 [青魚に多く含まれる]
  • DPA・・・ドコサヘキサエン酸 [青魚に多く含まれる]

 

レシチン

  • 卵黄レシチン
  • 卵黄以外のものに含まれるレシチン・・・[大豆/味噌汁、豆腐、納豆など]

 

脳の発達にオメガ3系脂肪酸

DHA・EPAを含む秋刀魚!

スポンサーリンク

まず、オメガ3系脂肪酸のDHA・EPAから見ていきましょう。

 

おなかの赤ちゃんの脳を育てる物質として有名なものに

青魚に含まれるDPA(ドコサヘキサエン酸)

EPA(エイコサペンタエン酸)がありますね。

 

イギリスの栄養学者マイケル・クロフォード教授が、

「日本人の子供の知能はほかの国の子供に比べて高い。

魚を食べることによるのではないか」

という見解を発表しました。(1980年代)

 

お魚を食べると頭がよくなるというのは

ほんとうなんです!

青魚で人気のお魚は何と言っても 秋刀魚(さんま) です!

他に、さば、いわし、ぶり、かつお、さけ、アジ、タイ

などに多く含まれます。

 

マグロにも多く含まれますが、

魚の中には、「水銀」に気を付けなければならないものもあり、

妊娠中、マグロをたくさん食べるのは避けたいです。

水銀に注意が必要な魚、安心して食べられる魚の違いについては、

詳しくはこちらをご覧ください。

妊娠中の秋刀魚は高齢でも大丈夫?水銀が心配な魚を教えて!

 

αーリノレン酸を多く含むクルミ!

クルミに含まれるオメガ3系脂肪酸は、

植物由来のαーリノレン酸(ALA)です。

αーリノレン酸の含有量としては、

クルミはナッツ類でダントツ1位です。

 

αーリノレン酸(ALA)は、

海洋由来の青魚に含まれるDHA・EPAを作り出すのようなもの(前駆体)です。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年)」によると、

「体内に入ったαーリノレン酸は、一部EPAやDPAに変換される」

とあります。

 

オメガ3系脂肪酸は、青魚からだけでなく、

くるみなどの植物由来のものからも摂取したいのです。

植物由来と海洋由来、両方からオメガ3系脂肪酸を摂ると、

相乗効果が期待できます。

中国では「クルミを食べると頭のいい子が生まれる」

と言われています。

また、クルミは「腎」を強めて安産に導きます。

クルミについて詳しくはこちらからどうぞ。

高齢妊娠中におすすめの食べ物!クルミを食べると頭の良い子が生まれる?!

 

成人もオメガ3系脂肪酸を、

植物由来、海洋由来の2つのタイプから摂ることで、

その相乗効果により、

心臓血管疾患への高い予防効果が期待できるのです。

 

高齢出産ママは、ご自身の健康にも気を付けないといけませんね。

親子でお魚とクルミを食べましょう!

 

脳の発達にレシチン

卵黄レシチン

レシチンという物質は、

胎児の脳細胞形成に不可欠で、

羊水や胎盤にレシチンが多く含まれると

胎児の脳細胞の発達が充実します。

 

頭の良い赤ちゃんが生まれるための食べ物とは、

日本ではあまり力説されませんが、

中国のマタニティーではそのようなことが積極的に実践されているそうで、

クルミの他に

胎児の脳の発達に非常に役立つとされています。

卵黄レシチンは記憶力を向上させる効果が高いです。

ただし、卵は消化が悪いので、

一度にたくさん食べないこと、

しっかりと加熱するなどのことを気を付けます。

玉子焼き、目玉焼き、ゆで卵と

おいしく卵を食べましょう!

大豆に含まれるレシチン

卵の他に、大豆もレシチンが豊富です。

味噌、納豆、豆腐などは頭脳食として最高です!

特に納豆はレシチンを多く含んでいるのですが、

妊娠中の特につわりのときは、

納豆はとても食べられないかもしれませんね。

つわりが終わっても、

妊娠中はにおいにも敏感になって無理な人もいるかもしれません。

味噌汁はどうでしょうか?

豆腐とわかめの味噌汁なんて最強です。

それに玉子焼きをプラスしたら、

最高の頭脳食です!

日本の素朴な朝食は立派な頭脳食だったんですね。

 

テレビの「ソレダメ!」によると、

味噌を米麴みそにすると、高血圧にいいそうです。

特に豆腐とわかめの米麴みそ汁が血圧にいいそうです。

高齢出産ママは体調管理に気をつけないといけないので、

家族で日本の昔からの味噌汁の朝食を見直してみませんか?

発酵食である味噌汁から栄養を摂ることは、

高齢出産で心配なダウン症の予防にもつながります。

高齢出産のダウン症を予防!ソレダメ!の米麴みそ汁は妊娠中もおすすめ!

 

 

東大生は麻婆豆腐など、豆腐をよく食べさせられたという声があります。

 

市販の麻婆豆腐のもとを使っても

手軽においしく作れる方法は、こちらからどうぞ。

高齢育児!頭がよくなる麻婆豆腐!「ソレダメ!」ハイチュウの隠し味に子供も満足!

 

さらに東大生が食べて育ったハンバーグもだたのハンバーグではなく、

豆腐を混ぜた「豆腐ハンバーグ」が多かったとか!

 

東大生の子どもの頃のおやつも、

白玉粉に豆腐を混ぜたお団子というのが

あったそうです。

この秋、わが家では白玉粉に豆腐とカボチャを混ぜて

みたらし団子を作ってみました。

この作り方も合わせてどうぞ。

妊娠中のおすすめおやつに手作りみたらし団子!関東と名古屋ではたれが違う?

 

まとめ

胎児の脳の発達に大事なのは、

オメガ3系脂肪酸レシチンです。

オメガ3系脂肪酸は、青魚クルミに多く含まれます。

レシチンは、卵黄レシチンの他に、大豆に多く含まれます。

頭の良い子を産むためには、

くるみ、秋刀魚、卵、味噌汁、豆腐などを

積極的に食べましょう。

おなかの赤ちゃんの脳の発達を充実させて、

夜泣きの少ない落ち着いた赤ちゃんを産みましょう。

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です