42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

もみじとカエデの違いがわかる!公園の紅葉いろいろ!もみじ盆栽は直射日光を避けて!

2018/11/07
 

もみじカエデの違いをわかりやすく説明します。

この二つ、植物分類上はカエデ科カエデ属の植物のことで

区別がないのですが、

園芸や盆栽の分野でははっきりした違いがあります。

 

スポンサーリンク

もみじは?文部省唱歌も聴いてみよう!

もみじは、園芸では

葉の切れ込みの数が多く、深く切り込みがあるもの、

盆栽では、

葉の形が小さくて可愛らしくて、切れ込みが深く、

秋に鮮やかに真っ赤になるものとされています。

イロハモミジ、ヤマモミジなどがあります。

イロハモミジ

ヤマモミジ

 

文部省唱歌の「もみじ」で

もみじの葉のことを

「パット広げた赤ちゃんのおてて」

と言っています。

小さくてかわいいのがもみじなんですね。

文部省唱歌の「もみじ」は、

「秋の夕日に・・・」という有名なものもありますが、

両方とも高野辰之作詞、岡野貞一作曲です。

 

カエデは?天狗の団扇とカナダの国旗!

スポンサーリンク

カエデは、園芸では、

切れ込みの浅いもので、

盆栽では、葉の切れ込みが浅くて大きいものとされています。

イタヤカエデ、ハウチワカエデなどがあります。

昔話の絵本で天狗が持っている団扇です。

イタヤカエデ

ハウチワカエデ

カナダの国旗に描かれているのはサトウカエデです。

このサトウカエデの樹液を濃縮したのが

メープルシロップです。

 

 

ベランダ栽培でもみじは赤くなる?

ベランダでもみじを紅葉させるのはかなり難しいです。

日照条件が重要で、木漏れ日が少し当たるくらいが

ちょうどよいのです。

もみじは西日と乾燥が苦手です。

紅葉したもみじの苗木を山林で採ってきて

庭に植えても、なかなか山林の中の木漏れ日

環境を再現できず、紅葉しないということがあります。

もみじの盆栽は直射日光と西日を避けて、

水切れさせないように育てましょう。

 

もみじは春も紅葉?!

わが家の庭のもみじは西日が当たってしまって

秋、紅葉するのがかなり遅くなってしまうのですが、

の芽出しのときにも

きれいな紅葉した新芽が出てくる品種です。

これを春もみじといいます。

新芽の光合成がまだ本格化していないので、

葉緑素が不十分で緑色が薄く、

赤や黄の、木が持っている元来の色素が見えてしまうのです。

 

夏は緑色になります。

 

春から初夏にかけて、新緑と春もみじのコントラストはとてもきれいですよ。

 

光と配色によって引き立つもみじ

が透けてキラキラ輝くもみじは素敵です。

紅葉した葉は光に当てると赤いセロファンのように

幻想的な世界を見せてくれます。

 

に優しく受け止められるもみじは

とても幸せそう・・・

緑色とオレンジ色と黄色の組み合わせは、

まさに日本の美ですね。

 

近くの公園で見られる紅葉

自宅近くの公園では、もみじの他に

アメリカフウトウカエデの紅葉が見事です。

毎年家族で見に行くのが恒例行事となっています。

アメリカフウ

        

うちの娘はこのアメリカフウの紅葉を

花束のようにまとめて持つのが大好きです。

 

トウカエデも公園の芝生の上に散って

紅葉の絨毯になります。

アメリカフウの葉は大きいですが、

トウカエデの葉はだいぶ小さくて、

切れ込みは3つになります。

この小さい紅葉がたくさん風に舞い散るところは

とてもきれいです。

 トウカエデ

 

 トウカエデ

 

アメリカフウはこんな実をつけます。

 

トウカエデは、街路樹としてもよく植えられています。

 

ハナミズキは紅葉とともに赤い実がかわいいです。

 

自宅近くの道路には、ハナミズキが街路樹として

たくさん植わっています。

花の季節だけではなく、紅葉も楽しませてくれます。

 

花と言えばですが、

桜は花の季節だけではなく、葉が紅葉したところが

またとても美しいですね。

桜並木が紅葉の並木になると、

とてもあたたかな満ち足りた気分になります。

 

紅葉染めと桜の花びら染めの産着

娘を妊娠する前の年、

白いガーぜを桜の紅葉で染めて

産着とミトンを作りました。

(ミトンはお顔を爪でひっかいてしまわないように・・・)

あまり濃くは染まらなかったのですが、

淡い紅葉の色に染まりました。

紅葉の刺繡もしてみました。

 

        

 

ガーぜは綿で、シルクと違ってタンパク質がないので、

染める前に牛乳または豆乳に浸してタンパク質を付着させてから

染めます。

 

桜の花びらでも染めてみました。

ほんのりとほんとうに薄いですが、

桜色に染まりました。

同じように桜の花の刺繡もデザインして刺してみました。

      

 

紅葉に親しみ自然とともに育つ

娘はきれいな落ち葉を集めて遊ぶのが大好きな子に育ち、

紅葉の季節は毎日幼稚園で葉っぱ集めに熱中しました。

毎日毎日先生にビニール袋をいただいて、

きれいな落ち葉を詰め込んで持って帰りました。

わが家の庭で育てているワタも、秋になると

葉っぱはきれいな紅葉になります。

 

夏には白い花が咲き、ふわふわしたワタもとれました。

 

身近な小さな自然の中で子供たちの心は情感豊かに育ちます。

お子様といっしょに家族で紅葉を探しに

秋のお散歩に出かけてみませんか?

 

高齢育児は身近な自然と触れ合うメリットを活かそう

子供と夏のガーデニング!わたの花とフウセンカズラの育て方!ベランダのプランターでもOK!

 

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です