42歳で高齢出産したママが、自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと共感し手を取り合ってBeautiful「美」Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログ

妊娠中の免疫力アップに!きのこでビタミンDを摂れる簡単レシピ!

2021/03/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!42歳で高齢出産したママ「みわんこさん」です。 自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと手を取り合って Beautiful「美」 Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログを立ち上げました! よろしくお願いいたします!

妊娠中は風邪や感染症にはかかりたくないですね。

きのこを食べて、免疫力を上げましょう!

きのこに含まれるビタミンDが免疫機能を調節する働きをします。

ビタミンDを日頃から摂取していると、感染症にかかりにくくなり、たとえ感染しても重症化を避けられます。

スポンサーリンク

きのこをたくさん食べれるきのこ料理はアヒージョ!

今回は、オリーブオイルとにんにくで煮込むスペイン料理アヒージョをご紹介します。

きのこのビタミンDは、とともに摂ると吸収率を上げることができます。

アヒージョに使うきのこは?

アヒージョの地元スペインでは、マッシュルームを使います。

煮込みや炒め物には味わい濃厚なブラウンマッシュルームが合っていますが、

ホワイトマッシュルームでももちろんOKです。

日本ではしいたけや、エリンギまいたけしめじなど、どんなキノコでもよいのですが、

えのきたけは、煮込むとしんなりしてしまうので好まないという人もいます。

わが家はえのきたけも好きなので、えのきたけを含めてあらゆるキノコを入れて作ります。

干ししいたけビタミンD含有量が特別に多く、

生では、まいたけ、ほんしめじにビタミンDが多く含まれます。

 

生のしいたけ、まいたけ、しめじ、えのきたけ、エリンギなどは、調理に使う前に、30分から2時間ほど日光に当てるとビタミンDが増えます。

 

可食部100g当たりのビタミンD:林野庁ホームページより

乾燥しいたけ  17μg(マイクログラム)

生しいたけ  2μg

えのきたけ  1μg

ぶなしめじ  2μg

ひらたけ   1μg

まいたけ   3μg

エリンギ   2μg

ほんしめじ  4μg

マッシュルーム  1μg

 

きのことえびのアヒージョの作り方

スポンサーリンク

簡単にできるきのことえびのアヒージョの作り方をご紹介します。

妊娠中には魚介類の水銀が心配ですが、

エビは水銀が少ないので安心です。

水銀が心配な魚について知りたいときはこちらからどうぞ。

 

いろいろなきのことえびのアヒージョの材料

ボイルむきえび    150g(鶏肉でもよいですが、えびが一番人気です。冷凍でもOK。)

きのこ    いろいろな種類合わせて、500g

(今回は、冷蔵庫にあったシイタケ、エリンギ、まいたけ、えのきたけ、ホワイトマッシュルーム、ブラウンマッシュルームを使いました。)

オリーブオイル   50ml

にんにく   3片

鷹の爪    1本

クレージーソルト   小さじ4分の1

 

クレイジーソルトとは?

クレイジーソルトとは、天然のハーブを使用した岩塩ベースの調味料です。

欧米の家庭料理、一流レストランで広く使われています。

これ1本で一流シェフの味になります。

「Krazy Mixed-up Salt」(直訳では、狂ったミックス塩)とボトルに書いてありますが、

「Crazy For You」(あなたに夢中)からきていて、頭文字をkitchen(キッチン)のKとかけて「Krazy Mixed-up Salt」としたのだそうですよ。

妊娠中はなるべく薄味にしたいのですが、このアヒージョは、にんにく、鷹の爪、えび、きのこと、旨味と風味が出る具材なので、

このクレイジーソルトを少量加えるだけで、とてもおいしく仕上がります。

クレイジーソルトは魚介類の臭みも消します。

ジェーン クレイジーソルト(113g)【ジェーン】

 

アヒージョの作り方は簡単!

マッシュルームは丸ごと、シイタケ、エリンギなどは一口大に切ります。

まいたけは手で一口大に裂きます。

(マッシュルームは大きいときは半分に切ってもいいです。)

にんにくは薄切りにします。

きのこ、ボイルむきえび、にんにく薄切り、鷹の爪丸ごと一本、オリーブオイル50ml、クレイジーソルト小さじ4分の1をボールに入れて混ぜます。

鍋に入れて蓋をして、10~15分弱火で加熱して出来上がりです。

 

子供も喜ぶアヒージョ!

鷹の爪は丸ごと1本入れても、それほど辛くはなりません。

辛いのが苦手なわが家の小学生の娘も、辛いとは言いませんでした。

鷹の爪はエビの生臭みを消します。

今回は、きのこ合計500gたっぷりと使いましたが、きのこは加熱するとぐっとかさが減るので、多すぎることはないでしょう。

作り置きおかずとしても便利ですが、やはり熱々をいただくのが一番おいしいですね。

旨味がしみ込んだオイルに、フランスパンを浸して食べるとおいしいです。

きのこのビタミンDパワーと免疫力アップで元気に過ごしましょうね!

 

 

まとめ

  • きのこに含まれるビタミンDは、免疫機能を調節する働きをします。
  • ビタミンDを日頃から摂取していると、感染症にかかりにくくなり、たとえ感染しても重症化を避けられます。
  • きのこのビタミンDは、油とともに摂ると吸収率を上げることができます。
  • 干ししいたけはビタミンD含有量が特別に多く、生では、まいたけ、ほんしめじにビタミンDが多く含まれます。
  • アヒージョは、オリーブオイルとにんにくで煮込むスペイン料理です。
  • クレイジーソルトを使うと、薄味でも簡単においしいく味付けできます。これ1本で一流シェフの味になります。

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは!42歳で高齢出産したママ「みわんこさん」です。 自身の体験した悩みを通して子供主体の育児を考え、ママたちと手を取り合って Beautiful「美」 Harmony「和」を作りながら前進する育児ブログを立ち上げました! よろしくお願いいたします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください